Vol.197

「オレ流 趣味へのこだわり方」

伊東市川奈で出会った 山下 英夫さん

197回目は、伊東市川奈から。
住宅地を歩いて行くと、玄関先に水車が廻るお宅を発見。
裏に廻るとウッディな喫茶室もありました。

この家のご主人、山下英夫(やました ひでお)さんにお話を伺いました。
リフォーム業を営んで20年ほどになるという山下さん。

趣味のお部屋とも言える、ウッディな喫茶室もご自身で作られたそうです。
多趣味で研究熱心な山下さんに、自分流のこだわりについてうかがいました。

  • 放送期間は、11月26日(月)から12月2日(日)まで
  • 放送時間は月曜~日曜 9時30分、正午、18時45分、21時45分、23時45分です。

Vol.177

「自称『さゆりちゃん』のマシンガントーク」

伊東市キネマ通りで出会った 片所静江さん

第177回目の番組は 伊東市から。

雨を避けて訪れたアーケードで、女性店員さんに声をかけられました。
アンテナショップに勤める片所静江(かたしょしずえ)さんは
町の魅力を伝えようと、駅周辺の観光案内講座を「勝手に」開催しています。
次から次へと繰り出すマシンガントークにインタビュアーもタジタジ!
アニメファン必見の映像も見ることができますよ?

第177回目の番組は 伊東市から。<br />
<br />
雨を避けて訪れたアーケードで、女性店員さんに声をかけられました。<br />
アンテナショップに勤める片所静江(かたしょしずえ)さんは<br />
町の魅力を伝えようと、駅周辺の観光案内講座を「勝手に」開催しています。<br />
次から次へと繰り出すマシンガントークにインタビュアーもタジタジ!<br />
アニメファン必見の映像も見ることができますよ?<br />
  • 放送期間は、6月25日(月)から7月1日(日)までの一週間
  • 放送時間は月曜~日曜 9時30分、正午、18時45分、21時45分、23時45分です。

Vol.168

「 商売上手な  しらす屋の元気な女将さん!? 」

伊東市宇佐美で出会った 木部 美千代さん

168回目の番組は 伊東市宇佐美から。
しらす屋さんの元気な女将(おかみ)さん、木部 美千代さんにお話を伺いました。

ご主人が始めた、しらす屋を手伝い始めて、5年目になるそうです。
元気にお客さんを迎え、いつも笑顔でお店を切り盛りしています。
商売上手なおかみさん、自分の事より宣伝に余念がありせん。
お店のしらすと伊豆の食品会社とのいろんなコラボを紹介してくれました。
どうして、しらす屋の女将さんをすることになったのか。
なんとか、聞き出すことができました。

168回目の番組は 伊東市宇佐美から。<br />
しらす屋さんの元気な女将(おかみ)さん、木部 美千代さんにお話を伺いました。<br />
<br />
ご主人が始めた、しらす屋を手伝い始めて、5年目になるそうです。<br />
元気にお客さんを迎え、いつも笑顔でお店を切り盛りしています。<br />
商売上手なおかみさん、自分の事より宣伝に余念がありせん。<br />
お店のしらすと伊豆の食品会社とのいろんなコラボを紹介してくれました。<br />
どうして、しらす屋の女将さんをすることになったのか。<br />
なんとか、聞き出すことができました。
  • 放送期間は、4月23日(月)から4月29日(日)までの一週間
  • 放送時間は月曜~日曜 9時30分、正午、18時45分、21時45分、23時45分です。

Vol.165

「祝開店!目指すは仲間と地域のコミュニティ」

伊東市十足で出会った 吉原 圭太さん

第165回目の番組は 伊東市十足から。
古い倉庫の中で作業中のご家族を発見、さっそくお声をかけました。
都内で映像関係の仕事をされていた吉原圭太さんは
7年前、ご家族とともに伊東に移住してきました。
田舎の人情に触れた吉原さんは、古い倉庫を借り上げ、
多国籍風コミュニティスペースをオープンさせました。
仲間や地域の方が集う憩いの場になることを夢見て、
今日も作業に汗を流します。

第165回目の番組は 伊東市十足から。<br />
古い倉庫の中で作業中のご家族を発見、さっそくお声をかけました。<br />
都内で映像関係の仕事をされていた吉原圭太さんは<br />
7年前、ご家族とともに伊東に移住してきました。<br />
田舎の人情に触れた吉原さんは、古い倉庫を借り上げ、<br />
多国籍風コミュニティスペースをオープンさせました。<br />
仲間や地域の方が集う憩いの場になることを夢見て、<br />
今日も作業に汗を流します。
  • 放送期間は、4月2日(月)から4月8日(日)までの一週間
  • 放送時間は月曜~日曜 9時30分、正午、18時45分、21時45分、23時45分です。

Vol.164

「 いまでは 写真も タバコも 電子化 !? 」

伊東市 キネマ通りで出会った 山田恂子さん

第164回目の番組は 伊東市キネマ通りから。
開業67年というカメラ屋さんの奥様、山田 恂子さんにお話を伺いました。
お互いの父親同士が知り合いで、カメラ屋を営むご主人に嫁いだそうです。
時代の移り変わりとともに、お店で扱うカメラも タバコも 電子化して
様変わり。以前は、フィルムの現像や焼き増し作業が主な仕事でしたが、
いまではデジカメやスマホで撮影したデータを出力したり、フォトブックを
作成したりという仕事に変わっているそうです。
ショッピングセンターの支店で働く息子さんと聞き手「にわパン」との
接点も判明。お店のあるキネマ通りの移り変わりも伺いました。

第164回目の番組は 伊東市キネマ通りから。<br />
開業67年というカメラ屋さんの奥様、山田 恂子さんにお話を伺いました。<br />
お互いの父親同士が知り合いで、カメラ屋を営むご主人に嫁いだそうです。<br />
時代の移り変わりとともに、お店で扱うカメラも タバコも 電子化して<br />
様変わり。以前は、フィルムの現像や焼き増し作業が主な仕事でしたが、<br />
いまではデジカメやスマホで撮影したデータを出力したり、フォトブックを<br />
作成したりという仕事に変わっているそうです。<br />
ショッピングセンターの支店で働く息子さんと聞き手「にわパン」との<br />
接点も判明。お店のあるキネマ通りの移り変わりも伺いました。
  • 放送期間は、3月26日(月)から4月1日(日)までの一週間
  • 放送時間は月曜~日曜 9時30分、正午、18時45分、21時45分、23時45分です。

Vol.162

「バンドやってます!!干物も売ってます!!」

熱海市下多賀で出会った 森野格さん

第162回目の番組は 熱海市下多賀から。
干物屋さんの店先でお父様と一緒に居た、森野格(もりのいたる)さんにお話を伺いました。
森野さんは一度東京に出て、広告代理店の仕事をしたもの、ちょっと疲れてしまい、
Uターンして、地元の熱海に戻ってきたそうです。そんなスローライフを楽しむ森野さん。
干物屋さんの手伝いをするかたわら、趣味のバンド活動もされているとの事です。
インタビュアーのなおやんとの音楽の趣味が合ったようで、終始、笑いの絶えない回となっています。
干物屋さんの丸亀物産店の名物や趣味の音楽の話などお話しをお伺いしました。

第162回目の番組は 熱海市下多賀から。<br />
干物屋さんの店先でお父様と一緒に居た、森野格(もりのいたる)さんにお話を伺いました。<br />
森野さんは一度東京に出て、広告代理店の仕事をしたもの、ちょっと疲れてしまい、<br />
Uターンして、地元の熱海に戻ってきたそうです。そんなスローライフを楽しむ森野さん。<br />
干物屋さんの手伝いをするかたわら、趣味のバンド活動もされているとの事です。<br />
インタビュアーのなおやんとの音楽の趣味が合ったようで、終始、笑いの絶えない回となっています。<br />
干物屋さんの丸亀物産店の名物や趣味の音楽の話などお話しをお伺いしました。
  • 放送期間は、3月12日(月)から3月18日(日)までの一週間
  • 放送時間は月曜~日曜 9時30分、正午、18時45分、21時45分、23時45分です。

Vol.155

「植木も髪も、きれいにカット!町の理容師さん」 東伊豆町大川で出会った

後藤 政夫さん

第155回目の放送は 東伊豆町大川が舞台です。
旧国道沿いのご自宅前でお声をかけたのは、理容師の後藤政夫さん。16歳で理容の道に進み、以来地元の床屋さんとして活躍されています。奥様いわく、とてもマメなご主人で趣味は釣りやボウリングなど多彩。普段の生活や子供の頃のお話まで、たっぷりとお伺いしましたよ。

第155回目の放送は 東伊豆町大川が舞台です。<br />
旧国道沿いのご自宅前でお声をかけたのは、理容師の後藤政夫さん。16歳で理容の道に進み、以来地元の床屋さんとして活躍されています。奥様いわく、とてもマメなご主人で趣味は釣りやボウリングなど多彩。普段の生活や子供の頃のお話まで、たっぷりとお伺いしましたよ。
  • 1月22日(月)から1月28日(日)の1週間
  • 放送時間は月曜~日曜 9時30分、正午、18時45分、21時45分、23時45分です。

Vol.153

「引越しも 転校も いまは楽しい思い出」 伊東市 大原町で出会った

平田キヨミさん

第153回目、今年最後の番組は 伊東市から。
大原町で理容室を営む、平田キヨミさんにお話を伺いました。
種子島生まれという平田さんは、お父さんの仕事の都合で、中学卒業まで何度もの 引越し、転校を経験されたそうです。慣れた土地から、見知らぬ土地に行くのは嫌になることもありましたが、お父さんの「楽しんじゃえばいいじゃない。」という言葉で、気持ちが切り替わり、どこへ行っても その土地ならではの気候風土、食べ物、遊びなどを楽しんで 過ごせるようになったそうです。

第153回目、今年最後の番組は 伊東市から。<br />
大原町で理容室を営む、平田キヨミさんにお話を伺いました。<br />
種子島生まれという平田さんは、お父さんの仕事の都合で、中学卒業まで何度もの 引越し、転校を経験されたそうです。慣れた土地から、見知らぬ土地に行くのは嫌になることもありましたが、お父さんの「楽しんじゃえばいいじゃない。」という言葉で、気持ちが切り替わり、どこへ行っても その土地ならではの気候風土、食べ物、遊びなどを楽しんで 過ごせるようになったそうです。
  • 12月18日(月)から12月24日(日)の1週間
  • 放送時間は月曜~日曜 9時30分、正午、18時45分、21時45分、23時45分です。

Vol.135

「うちの銃はバネが違うよ!」 湯河原町 宮上で出会った

伊東ふじ子 さん

第135回目の舞台はお祭りムード一色の湯河原町から。温泉場を散策していたところ、射的場の店番をされている伊東ふじ子さんに出会いました。昭和の香り漂う昔ながらの射的屋さんは今では珍しく、辺りでは2軒を残すのみ。それでも観光客には好評だそうです。子供の頃の祭りの思い出についても伺いましたよ!

第135回目の舞台はお祭りムード一色の湯河原町から。温泉場を散策していたところ、射的場の店番をされている伊東ふじ子さんに出会いました。昭和の香り漂う昔ながらの射的屋さんは今では珍しく、辺りでは2軒を残すのみ。それでも観光客には好評だそうです。子供の頃の祭りの思い出についても伺いましたよ!
  • 放送は8月14日(月)~8月20日(日)の一週間
  • 時間は月曜~土曜が正午、午後6時45分、9時45分、11時45分。 日曜が正午、午後6時30分、9時30分、11時30分です。

Vol.123

島育ち 海も山もある 東伊豆でのんびり 東伊豆町奈良本で出会った

鹿児島達三さん

第123回目の放送は 東伊豆町から
奈良本でカフェを営む鹿児島達三(かごしま たつみ)さんに
お話をうかがいました。
5年前に 夫婦で河津町に移住したという鹿児島さん。
今年の2月から東伊豆町に移り、人との交流を求めてカフェを開きました。
奥様の好きなものを取り揃えたカフェでは、
飲食だけでなくお手玉や卓球などで  
みんなが集える場所になれたらと話していました。
このほか、めずらしい名字や出身地などのお話も伺いました。

第123回目の放送は 東伊豆町から<br />
奈良本でカフェを営む鹿児島達三(かごしま たつみ)さんに<br />
お話をうかがいました。<br />
5年前に 夫婦で河津町に移住したという鹿児島さん。<br />
今年の2月から東伊豆町に移り、人との交流を求めてカフェを開きました。<br />
奥様の好きなものを取り揃えたカフェでは、<br />
飲食だけでなくお手玉や卓球などで  <br />
みんなが集える場所になれたらと話していました。<br />
このほか、めずらしい名字や出身地などのお話も伺いました。<br />
  • 放送は6月12日・6月14日・16日・18日です。

Vol.121

「地域で愛される まちのケーキ屋さん」 伊東市弥生町で出会った

青木祥泰さん

第121回目の放送は 伊東市から
桜木町商店街で洋菓子店を営む青木祥泰(あおきよしひろ)さんに
お話をうかがいました。学校を卒業後、家業の継ぐべく、
10年以上にわたり、お菓子職人の修行を重ねた青木さん。
洋菓子のみならず、和菓子とパンも販売するお店の仕込みは
大変とのことですが、仕事の合間に上手に息抜きを取り入れ、
お客さんに喜ばれるケーキ作りに邁進されています!

第121回目の放送は 伊東市から<br />
桜木町商店街で洋菓子店を営む青木祥泰(あおきよしひろ)さんに<br />
お話をうかがいました。学校を卒業後、家業の継ぐべく、<br />
10年以上にわたり、お菓子職人の修行を重ねた青木さん。<br />
洋菓子のみならず、和菓子とパンも販売するお店の仕込みは<br />
大変とのことですが、仕事の合間に上手に息抜きを取り入れ、<br />
お客さんに喜ばれるケーキ作りに邁進されています!
  • 放送は6月5日・7日・9日、11日です。

Vol.117

「歳をとって楽しかったと思える人生がいいじゃない」 伊東市湯川で出会った

松下守利さん

第117回目の放送は伊東市湯川から。お店の中から声を掛けてもらった。
干物と飲み屋を営む、松下守利(まつしたもりとし)さんにお話をお伺いしました。
松下さんは、15年ほど前から干物屋さんを営みながら、今年、干物をつまみにした
飲み屋さんをスタートしたそうです。何事も楽しんで取り組まれる松下さん。
今、楽しんでいることや、これからやりたいことなどをお伺いしました。

第117回目の放送は伊東市湯川から。お店の中から声を掛けてもらった。<br />
干物と飲み屋を営む、松下守利(まつしたもりとし)さんにお話をお伺いしました。<br />
松下さんは、15年ほど前から干物屋さんを営みながら、今年、干物をつまみにした<br />
飲み屋さんをスタートしたそうです。何事も楽しんで取り組まれる松下さん。<br />
今、楽しんでいることや、これからやりたいことなどをお伺いしました。
  • 放送は5月22日・24日・26日、28日です。

Vol.114

「バイクは目をつぶっても直せるね。 職人気質溢れる。」 熱海市清水町で出会った

佐藤一紀さん

第114回目の放送は熱海市清水町から
小雨まじりの清水町商店街を歩き、バイク屋さんの方にお声を掛けました。
バイク店のオーナー佐藤一紀(さとうかずとし)さんは、バイク修理に関しては
この道60年以上のたたき上げの職人。さらにお祭りには欠かせない横笛の達人でもありました。
とにかくじっとしていられない性格だそうで、これからの季節、家庭菜園でスイカの栽培に
チャレンジしているそうです。熱海らしいエピソードも盛り沢山。生粋の熱海っ子に出会えました。

第114回目の放送は熱海市清水町から<br />
小雨まじりの清水町商店街を歩き、バイク屋さんの方にお声を掛けました。<br />
バイク店のオーナー佐藤一紀(さとうかずとし)さんは、バイク修理に関しては<br />
この道60年以上のたたき上げの職人。さらにお祭りには欠かせない横笛の達人でもありました。<br />
とにかくじっとしていられない性格だそうで、これからの季節、家庭菜園でスイカの栽培に<br />
チャレンジしているそうです。熱海らしいエピソードも盛り沢山。生粋の熱海っ子に出会えました。
  • 放送は5月9日・11日・13日・14日です。

Vol.112

健康の秘訣は話すこと?伊東市広野で出会った

佐藤一江さん

第112回目の放送は 伊東市から
伊東市広野の美容室の前で植え木の手入れをされていた佐藤一江さん(さとうかずえさん)にお話しを伺いました。
佐藤さんは北海道から上京して東京で美容師の仕事をしたのちに伊東で現在の美容室を営んでいらっしゃるとのことです。
当時の仕事の苦労話などをお話していただきました。

第112回目の放送は 伊東市から<br />
伊東市広野の美容室の前で植え木の手入れをされていた佐藤一江さん(さとうかずえさん)にお話しを伺いました。<br />
佐藤さんは北海道から上京して東京で美容師の仕事をしたのちに伊東で現在の美容室を営んでいらっしゃるとのことです。<br />
当時の仕事の苦労話などをお話していただきました。
  • 放送は5月2・4・6・7日です。

Vol.109

最新機器を活用する古風な干物屋さん 伊東市東松原町で出会った

鈴木弘さん

第109回目の放送は 伊東市から。
観光文化施設東海館前で干物屋さんを営む鈴木 弘さん(すずきひろしさん)にお話しを伺いました。毎朝魚市場で魚を仕入れている鈴木さん。
昔ながらの製法でつくる干物は好評で観光客はもとより市内にも常連さんが数多くいらっしゃいます。ご近所には外国人向けの宿泊施設もあることから、さまざまな国の方々が鈴木さんのお店に立ち寄るそうですよ。

第109回目の放送は 伊東市から。<br />
観光文化施設東海館前で干物屋さんを営む鈴木 弘さん(すずきひろしさん)にお話しを伺いました。毎朝魚市場で魚を仕入れている鈴木さん。<br />
昔ながらの製法でつくる干物は好評で観光客はもとより市内にも常連さんが数多くいらっしゃいます。ご近所には外国人向けの宿泊施設もあることから、さまざまな国の方々が鈴木さんのお店に立ち寄るそうですよ。
  • 放送は4月24日、26日、28日、30日です。

Vol.100

異文化の融合が、僕の「誉れ」です!伊東市猪戸で出会った

牧野要さん

記念すべき第100回目の放送は伊東市から。

道端でひなたぼっこ中の男性をみつけ、お声をかけました。牧野要(まきのかなめ)さんは海外での経験を活かし、実家の割烹料理店を外国人旅行者向けのゲストハウスにリニューアルして営んでいます。ペルー人の奥様とともにお客様をもてなす牧野さんの夢は、異文化との融合がテーマなんですって!

記念すべき第100回目の放送は伊東市から。<br />
<br />
道端でひなたぼっこ中の男性をみつけ、お声をかけました。牧野要(まきのかなめ)さんは海外での経験を活かし、実家の割烹料理店を外国人旅行者向けのゲストハウスにリニューアルして営んでいます。ペルー人の奥様とともにお客様をもてなす牧野さんの夢は、異文化との融合がテーマなんですって!
  • 放送は3月21日・23日・25日・26日です。

Vol.76

バックからベストまで手芸はおまかせ! 伊東市銀座元町で出会った

小澤栄さん

第76回目の放送は 伊東市から
伊東市シルバー人材センターの手芸部で店番をしていた、
小澤栄(おざわさかえ)さんにお話をお伺いしました。
小澤さんは、バックやベストなどを作成したり、販売する事を
楽しんでいるということです。またの最後には、
「みんなが集まれる場所をもっとふやす事が出来れば」
と笑顔で夢を話していました。

第76回目の放送は 伊東市から<br />
伊東市シルバー人材センターの手芸部で店番をしていた、<br />
小澤栄(おざわさかえ)さんにお話をお伺いしました。<br />
小澤さんは、バックやベストなどを作成したり、販売する事を<br />
楽しんでいるということです。またの最後には、<br />
「みんなが集まれる場所をもっとふやす事が出来れば」<br />
と笑顔で夢を話していました。
  • 放送は12月20・22・24・25日です。

Vol.67

ファッションに すごく興味があった!! 東伊豆町奈良本で出会った

加藤 敏子さん

第67回目の放送は東伊豆町奈良本から。

おうちの前で作った野菜を売っていた、加藤 敏子さんにお話を聞きました。
加藤さんは、家業の農園で作った野菜を毎週木曜に家の前で直売しているそうです。
以前は、みかんやバラも生産していましたが、いまはご主人と野菜を作っています。季節や需要によって作物を変えますが、野菜を売るときには用途や調理方法も教えてあげるようしていると話してくれました。
また、若いときにはファッションに興味があって、東京に就職しようとしていたことも。

第67回目の放送は東伊豆町奈良本から。<br />
<br />
おうちの前で作った野菜を売っていた、加藤 敏子さんにお話を聞きました。<br />
加藤さんは、家業の農園で作った野菜を毎週木曜に家の前で直売しているそうです。<br />
以前は、みかんやバラも生産していましたが、いまはご主人と野菜を作っています。季節や需要によって作物を変えますが、野菜を売るときには用途や調理方法も教えてあげるようしていると話してくれました。<br />
また、若いときにはファッションに興味があって、東京に就職しようとしていたことも。
  • 放送は11月21・23・25・27日です。

Vol.66

たぶん私はお節介なんだよ♪ 熱海市泉で出会った

市川 孝子さん

第66回目の放送は熱海市泉から。

熱海市役所泉支所からスタートした今回の見聞まま。
ちょうどお店のお片づけをしていた市川孝子さんにお声かけしました。
お店の名前は“木曜マルシェ”。毎週1回、木曜日のお昼にだけ開店する
ちょっと不思議なお店の店内でお話を伺いました。

第66回目の放送は熱海市泉から。<br />
<br />
熱海市役所泉支所からスタートした今回の見聞まま。<br />
ちょうどお店のお片づけをしていた市川孝子さんにお声かけしました。<br />
お店の名前は“木曜マルシェ”。毎週1回、木曜日のお昼にだけ開店する<br />
ちょっと不思議なお店の店内でお話を伺いました。
  • 放送は11月15・17・19・20日です。

Vol.60

コーヒーで至福の時間を提供する。 伊東市和田町で出会った

渡辺 伸さん

第60回目の放送は伊東市和田町から

和田町でコーヒー焙煎屋さんを営む 渡辺 伸さん。
コーヒー焙煎屋を始めて24年にもなるそうです。
焙煎屋さんを始めるきっかけやのこだわり、休日の過ごし方などをお伺いしました。

放送は10月25・27・29・30日です。


キャッチフレーズ  コーヒーで至福の時間を提供する。
伊東市和田町で出会った 渡邊 伸さん

第60回目の放送は伊東市和田町から<br />
<br />
和田町でコーヒー焙煎屋さんを営む 渡辺 伸さん。<br />
コーヒー焙煎屋を始めて24年にもなるそうです。<br />
焙煎屋さんを始めるきっかけやのこだわり、休日の過ごし方などをお伺いしました。<br />
<br />
放送は10月25・27・29・30日です。<br />
<br />
<br />
キャッチフレーズ  コーヒーで至福の時間を提供する。<br />
伊東市和田町で出会った 渡邊 伸さん<br />
  • 放送は10月25・27・29・30日です。